なんにでもあう

たきたて白米

家族で並んで寝る時は怖い話を読む絶好のチャンス

こんばんは、白米うまいうまいです。

お盆、皆さん、いかがお過ごしですか?

 

私は昨年度までお盆が仕事の繁忙期だったので、今年は久しぶりのお盆休みに感動して早々に実家に帰ってきてしまいました。

余談ですが、実家の白米は、まじでうまい。

 

この酷暑ですが、新幹線を降りた途端感じる"涼(りょう)"が最高で、それと同時に蚊に5ヶ所くらい食われました。

今年の関東は暑すぎて蚊がいなかったので完全に油断していました。田舎の蚊に天然ハーブの防虫スプレーは効かない。

 

まあ涼しいと言っても例年よりはやっぱり暑いし、湿度が高いので、室内ではクーラーを稼働しないと寝るのも億劫です。

しかし、私の実家は古い家でクーラーの設置されている部屋が限られています。

 

さらにお盆で来客もあるため、この帰省中は、家族一室で寝ることに。

久々の川の字です。

 

布団を並べながら子供の頃を思い出して少しノスタルジーに浸ってしまいました。

 

私が小学生なってからは両親とは別々に、子供部屋で姉と二段ベッドで寝ていました。ちなみに私が上段、姉が下段です。

でも、お盆などで来客がある時などは、部屋を空けるために別室で両親・姉と一緒に並んで寝ていました。

 

そんな時、私は必ず寝る前に怖い話を読むようにしていました。

 

夏の寝る前に怖い話を読むのが雰囲気があって好きだったのですが、元来ビビリなので1人で怖い話を読んだ後は手足をタオルケットから1ミリも出さないように細心の注意を払って頭までかぶり、汗だくで寝ていました。よくありますよね。

 

私はその他に「霊は下ネタが嫌い」というのを信じていて、めちゃめちゃに怖くなった時にはネットでひたすらエロい単語を検索して脳内をエロでいっぱいにするという方法も実践しています。これは怖い話ではなく、事実です。

 

なので、家族と川の字(正確には1本多い)で寝る時は、絶好の怖い話チャンス!

父・母・姉・私の並びで寝るので、姉に背を向けるように寝れば、怖くなっても背中は家族バリアがあるから大丈夫だと思っていました。なんだ、家族バリアって。

でも、子供の頃の私は、そのバリアに絶対的な信頼を寄せていました。

 

結局、タオルケットを全身かぶることにはなるんですが、家族の寝息を聞いていると怖さよりも眠気が勝って自然にタオルケットから顔を出して寝付けるのでした。

 

子供の頃は、なんであんなに怖い話が好きだったんだろう?と思ったんですが、今日昼過ぎにやっていた『やりすぎ都市伝説SP』の再放送を食い入るように観てしまって「なんだ、まだ全然好きじゃん」と妙に納得してしまいました。

 

久しぶりに『意味がわかると怖い話』でも検索してみようかな。

今日は背中に家族バリアがあるので、絶対大丈夫です。

『A Little Go Straight』というバンド名どうですか?

こんにちは、白米うまいうまいです。

 

先日、浅草のホッピー通りに初めて行きました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180726164137j:image

 

すごく雰囲気が良くて、絶対にここでホッピーを飲むぞと、奮い立たされました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180726164406j:image

飲みました。

どうでもいい情報ですが、私はホッピーの白か黒かなら黒派。1番好きなのは、赤ホッピーです。

お通しの明太ポテトサラダが美味しくて、これだけで一杯いけます。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180726164619j:image

これは、明太もちチーズもんじゃです。

お通しが来る前に注文したので、明太が被ってしました。

でも、美味しいのは"確"なので、気になりません。

 

お店の方に焼いてもらえるということで、お願いしました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180726164807j:image

めちゃめちゃ上手。

最初にサイコロ型のもちを一ヶ所に並べて焼いて、その上で明太子を休ませておく技は、すごかったです。

味はもちろん、うまうまのうま。

これだけで三杯は飲めます。ホッピー空になっちゃいましたね。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180726204434j:image

このお店を出て、最高のほろ酔いで家路に着こうとしたところ、雷門近くで外国人カップルに英語で話しかけられました。

 

どうやら、都営浅草線に乗りたいようです。

 

同行者も私も英語が達者ではないので、一緒に歩いて案内することにしました。

 

「えーっと!一・緒・に・行・き・ま・す。」

 

と、何故かゆっくりと日本語で話す同行者。

「???」という顔をするカップル。

慌てて私が、

 

「トゥギャザー!」

 

というと、「Oh!Thank you!」と言いながら付いて来てくれました。

こんなに元気よくトゥギャザーと言えたのも、ホッピーとルー大柴のおかげです。

 

駅入口が近づいて来ると、カップルの女性が「Straight?(ここをまっすぐ?)」と聞いて来たのですが、

 

「ア・リトル!ア・リトル!」

 

と言って近くまで案内しようとする同行者。

私が「『ア・リトル』?」と繰り返すと「『もう少し』って意味だよ」と得意げに言っていたので、知ってる英語を使いたかっただけかもしれません。

 

駅の表示が煌々と光るのを確認して、ようやく「ゴー・ストレート!」と伝えると、カップルはニコッとしながら「アリガトウゴザイマース!」と言って去って行きました。

 

流暢具合では完全に負けていましたが、気持ちが伝わったのでオッケーでしょう。

 

振り返ると見えたスカイツリーが綺麗でした。

f:id:hakumaiumaiumai:20180726201803j:image

 

帰りの電車は同行者と別れて一人だったんですが、電車に揺られながらさっきの道案内を思い返していました。

 

私達が唯一話せた「ア・リトル」と「ゴー・ストレート」って組み合わせるとバンド名っぽいな。

 

 『A Little Go Straight』というバンド名どうですか?

 

略称は『リトゴー』もしくは『ゴースト』

1stツアーは、略称にかけて作られた幽霊のキャラクター"ゴースト君"グッズを展開。

ライブのラストは、盛り上がり必至の鉄板ナンバー『Together』で、ボーカルの「一緒に」に対して「行きます!」と返すお決まりのコール&レスポンスがある。

最後は、ボーカルが涙ながらに「俺達に付いて来てくれて、本当にありがとうございます!」と叫び、大団円。

 

どうでしょうこれ?

良くない?誰か本当に組まない?

 

妙に愛着が湧いてしまったので検索してみましたが、やっぱりいませんでした。

f:id:hakumaiumaiumai:20180726203648p:image

しかし、越谷の『Boy Go Straight』というバンドを発見しました。

略称は『ボーイゴー』だそうです。良い!

 

あ〜ゴースト君のラババン欲しいな〜

逃げないで!かき氷

逃げないで!かき氷

f:id:hakumaiumaiumai:20180722110636j:image

食べようとしたら、逃げ出した。

 

友達のかき氷は、逃げない。

f:id:hakumaiumaiumai:20180722110935j:image

堂々としてるイチゴ味

 

別のお店のかき氷も逃げない。

f:id:hakumaiumaiumai:20180722111045j:image

ほうじ茶味と抹茶味

 

それなのに…

 

逃げないで!かき氷

f:id:hakumaiumaiumai:20180722110636j:image

白桃味だけ逃げ出した。

 

仕方がないので…

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180722111603j:image

パンケーキを食べました。

 

とっても美味しかったです。

『きみはいい子』という映画を観て『12歳たちの伝説』を思い出した

レンタルDVDで『きみはいい子』という映画を観ました。

 

なんとなく"学校モノ"が観たいなと思い立ち、子供の頃に観て衝撃的だったドラマ『女王の教室』でも見返すか〜と思って寄ったTSUTAYAだったんですが、どうやら私がもう1人この街にいたようで全巻借りられていました。そんなことあります?

まあ私は、週に1巻ずつ借りる派ですけどね。

それでも、なんか小学校が舞台の映画かドラマが観たいんだよな…とフロアを徘徊していると、おすすめコーナーに映画『きみはいい子』がありました。

 

きみはいい子

映画『きみはいい子』予告編 - YouTube

まじめだが優柔不断で、問題に真っ正面から向き合えず肝心なところで一歩を踏み出すことができない新米の小学校教師・岡野。

近所のママ友たちとの表面的な付き合いの陰で自分の娘に手をあげ、自身も親に暴力を振るわれていた過去をもつ雅美。

他人と会話をかわすのは、登下校の途中で挨拶をしてくれる名前も知らない小学生のみ、最近感じはじめた認知症の兆しにおびえる独居老人・あきこ。

とあるひと町に暮らし、さまざまな局面で交差しながら生きているおとなと子どもたち。

悩みや問題を抱えて生きる彼らが、人と人とのつながりに光を見いだし、小さな一歩を踏み出すさまを、『そこのみにて光輝く』の呉美保監督が、真摯にそして丁寧に映し出す。

"映画『きみはいい子』公式サイト"より

 

小学校教師がでてくる!

でも、気分が落ち込んでる時に観たら沈み込みそうなテーマだ!!

 

設定が現実離れした作品『女王の教室』を借りようとしていた身としては、少々現実味がありすぎる気がしましたが…

 

「まあ、1週間レンタルしてる間に観れる気分の時があるっしょ!」

 

と、謎のプラス思考を発揮してレンタルしました。

 

そして、返却日が明日に迫った今日。

どうかな?と怯えつつ、必要に迫られて再生ボタンを押しました。

 

結果…

まじで観て良かった。

 

感想が下手なので、あまりうまく書けませんが、全編通して私の"ちょうど苦しくなるポイント"をめちゃくちゃに押さえていて2時間中1時間は泣いてました。

 

直後のツイートがこれです↓↓

そんなことあります?

ちなみに私が"ちょうど苦しくなるポイント"は、ざっくり言うと【頑張る子供】【先立たれた老人】です。ちょっとざっくり言い過ぎました。

 

あと、この映画を観て、自分が小学校6年生で児童として学級崩壊したクラスに居た時に夢中になって読んでいた本のタイトルを思い出しました。

以前から内容は覚えてるのにタイトルだけが思い出せなかったんですが、なぜかこの映画を観終わったらスッと頭に浮かんできました。

 

そうだ、『12歳たちの伝説』だ。

 

12歳たちの伝説〈1〉 (ピュアフル文庫)

 

この児童書っぽくない、スタイリッシュな装丁が好きだった。少なくとも当時の私は、そう思っていました。

 

学級崩壊したクラスにいるのは、とてもしんどい。ま〜しんどい。私は小説の中に『自分よりしんどい人』を探しては、共感して辛くなって泣いて、少し歪んでいるかもしれないですが「自分は、まだましだ」と思い込むことで学校に行き続けることが出来ました。

 

そういう意味で"今、苦しい大人"に観て欲しい作品だなと思います、『きみはいい子』。

今しんどい人ほど、観て欲しい。

最初の「気分が落ちてる時に観たら沈み込む」は、杞憂でした。

 

あともうひとつ、『12歳たちの伝説』もそうだったと思うんですが、フィクションだからこそ結末に"救い"があるんですよね。

小学生の私が頑張れたのも「もしかしたら、この小説みたいにワンチャンあるかも」と希望が持てたのも大きいかもしれません。そこまで考えてなかった気もします。

 

そんなことを思いながら『きみはいい子』の公式サイトの原作者コメントを読んでたら、まさにそれを狙って作っておられました。そんなことあります?

 

『きみはいい子』映画化に寄せて - 中脇初枝


こどもをめぐる事件の報道が後を絶ちません。
これらの報道は、とても悲しい結末を伝えるものばかりです。
そんな報道に接するたびに、こんな悲しい結末にならない道はなかったのだろうかと考えました。そして、小説でなら、そのような道を辿れるかもしれないと思いました。

"映画『きみはいい子』公式サイト"より

 

そんなことありました。

小説家すご過ぎ。

 

原作も読みたくなったので、明日DVD返して本を買ってこようと思います。

 

『12歳たちの伝説』も読み返したいな〜まだ実家にあるかな〜

大人になりたて!フワフワのケープペンギン

大人になりたて!

f:id:hakumaiumaiumai:20180703210243j:image

フワフワのケープペンギン

 

それにひきかえ…

f:id:hakumaiumaiumai:20180703210513j:image

そうじゃないケープペンギン

 

大人になりたて!

f:id:hakumaiumaiumai:20180703210932j:image

フワフワのケープペンギン

 

それにひきかえ…

f:id:hakumaiumaiumai:20180703211011j:image

そうじゃないケープペンギン

 

でも…そうじゃないケープペンギンは

f:id:hakumaiumaiumai:20180703211506j:image

空を飛ぶことが出来るんだ!

 

だって、大人になるってそういうことだから…

 

だから、明日はも〜っと楽しくなるよね!

f:id:hakumaiumaiumai:20180703211828j:image

ゴライアスガエル!

 

※ゴライアスガエルとは、世界最大のカエル(写真は、記念撮影用のパネル)です。

失恋にはコールドプレスジュースを

こんにちは、白米うまいうまいです。

 

友人が失恋しました。

 

街コンで知り合ってデートを重ねた後、2ヶ月前くらいから付き合っていた彼女と別れてしまったとのこと。

 

実は上げていませんでしたが、この友人の街コン〜付き合うまでの期間の恋愛相談がエモ過ぎてブログで記事にしようとしたくらい応援してたんですが、その記事ももうお蔵入りになってしまいました。

 

折角なんで、該当記事のプレビュー画面のスクショをどうぞ↓↓

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180625185304j:image

f:id:hakumaiumaiumai:20180625185308j:image

 

はい、完全に書きかけです。

「恋愛の付かず離れずな期間、めっちゃいいよね」ってのをただただ綴る記事にしようとしていたんですが、序盤の「大丈夫な方はスクロール」を書いたらお腹いっぱいになって頓挫してしまいました。私は、そういうところがある。

 

相談に乗ってた側がブログに書きたい!と思うくらいに甘酸っぱい恋愛をしていたのに、2ヶ月で別れてしまって大変残念です。

 

友人が振られた側なのですが、振られた理由が「付き合ってみたが、異性に見れなかった」というもので、友人は「俺は、めちゃめちゃに異性に見てたから恥ずかしい」と嘆いていました。

 

振られた翌日に、友人を焼肉に誘いました。

失恋したらヤケ食いと昔から相場が決まっています。難癖つけて、私が焼肉を食べたかっただけです。

せめてもの誠意で、友人の最寄りまで私が赴きました。美味しい焼肉屋があることを知っていたので。

 

電車に乗る前にファミマに寄った際、何か"失恋手当"の手土産を買いたいなと思い立ちました。

甘いものが良いか?チョコとか?なんかちょっと変わったものないかな〜

と探していると、私の目にコールドプレスジュースが飛び込んで来ました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180625192219j:image

Shine & Shine|まるで片手で楽しめる完熟フルーツ

 

買いました。

数量限定のオレンジです。

 

焼肉屋に着いて注文を済ませた後に、おもむろに「これを飲んでキレイになって見返してやろ!」と言いながら手渡したところ、友人は、かなり動揺していました。

友人はストレートの男性なのでキレイになっては益々異性として見られなくなってしまうことに、その時の私は気がついていませんでした。

あと単純に味が気になってたので「美味しかったら教えて」と伝えておきました。美味しかったら、自分用に買おうと思います。

 

焼肉も、もちろんちゃんと美味しかったです。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180625193409j:image

 

あとクッパってちゃんと食べたことなかったのですが、辛い雑炊という感じでめちゃめちゃ美味しかったです。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180625193646j:image

 

友人もモリモリ食べて飲んで、最後には「お気に入りの久保みねヒャダTシャツを撮ってくれ」と言っていました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180625194030j:image

 

撮りました。人間出汁。

意味は分かりませんでしたが、本人も「何やってるんだろう俺」と呟いていました。

 

そんな友人は絶賛彼女募集中なので、御入用の方がおられましたら御一報ください。

少々顎が長いですが、私と7年間も友人として付き合えるとても懐の深い人材です。おすすめ。

娘の誕生日に大量のスイートポテトを作る

今週のお題「おとうさん」

 

こんにちは、白米うまいうまいです。

 

実家を出て、一人暮らし歴も7年目になりました。

 

実家では毎年誕生日を家族で祝うタイプだったんですが、そんな誕生会を行わなくなって早7年。本当に早いですね。

代わりに、母・姉から電話やメールで「お誕生日おめでとう」メッセージが来るようになりました。

その際に「お父さんもおめでとうだって」と伝えられるというように、父から積極的にお祝いされることはなくなりました。積極的にって何だ。

 

というのも、私と母と姉は同じ携帯キャリアを利用しており、家族内通話が無料なのですが、父だけ別キャリアなので通話にお金がかかるんですよね。ちなみに、父はLINEもやっていません。

なので父に直接電話をかけることもなく、必然的に"母・姉のついで"に父とチョロっと話すというのが常です。

 

私も可愛くない娘なので、父から「元気か?」と聞かれると「うん、元気よ」くらいしか返せず、大概「そうか、元気ならいい。体に気をつけろよ」「うん」というわずか2ラリーで会話が終了してしまいます。思春期か。

 

そんな感じの関係性の私と父ですが、3年前の誕生日に姉からLINEが届きました。

 

「誕生日おめでとう!お父さんがお祝いにスイートポテトを作りました

 

スイートポテト?

送信されてきた画像は、こちらです。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180617104130j:image

 

めちゃめちゃ作ってる。

紫芋まで使って、まさかの二色展開です。そして、美味しそう。

 

続けざまに父が真顔でスイートポテトの皿を持っている画像が送られてきました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180617105141j:image

 

何?

でも、とても美味しそうです。

 

とりあえず「美味しそう」と返信しました。

 

スイートポテトは、私の好物です。

そんなスイートポテトを誕生日に大量に作ってくれたことは、とても嬉しい。

 

でも、問題があります。

 

「スイートポテト嬉しいけど、私、食べれないよね?」

 

一応、確認しました。

近々帰る予定もなく、お手製スイートポテトって送れないだろうし、たぶん食べられません。

 

「そうだね」

 

やっぱり!!

なにこれ!!

 

意味はわかりませんでしたが、私の誕生日に父が積極的にスイートポテトを作り、お祝いしようとしてくれたのは嬉しかったです。

 

後から聞いた話だと、たまたま大量に芋が手に入ったので作っただけのようでしたが、嬉しかったことに変わりはありません。

なんだ、たまたま大量に芋が手に入るって。

 

 

そんな父に、今年は積極的に父の日の贈り物をしてみました。

今日サプライズで届く予定なのですが、さっき電話をしたらまだ届いていなかったので、微妙にネタバレをして自爆してしまいました。

 

f:id:hakumaiumaiumai:20180617110815j:image

 

超絶かわいいラッピングをしてもらいました。

中に瓶ビールが入っているので、割れずに届いているといいなと思います。

ちなみに買った日に駅の階段で大コケをかましまして、右脛を犠牲にして守ったつもりだったんですがどうでしょうか。

 

 

次の電話では、この話題で最低3ラリーは会話を続けたいと思います。